SERVICE

事業紹介

ドローン関連事業

太陽光発電設備や建築物などの点検、動画撮影、測量、物流などドローンの新たな活用法を探り、事業化しています。

太陽光あんしんメンテナンス「ソラパト」

ドローンを活用した最先端かつ信頼性の高い技術で太陽光発電設備の点検、メンテナンスを行います。

ソラパトの検査・点検メニュー


“俺たちに見つけられない不具合は無い!”

各種資格と経験を持つスタッフが、最適な機器、手法を用いて不具合、不具合の予兆を見つけ出します。
また、発電量の向上、改善のための対応、対策も行います。

IR測定

IR測定

サーモカメラを用いて太陽電池モジュールやパワーコンディショナーなどの温度分布測定を行い異常発熱がないか確認します。

IVカーブ測定

IVカーブ測定

太陽電池モジュールを開放状態にして、電流値・電圧値の変化を測定・解析してグラフ化し、太陽電池モジュールの状態、性能を把握します。

ストリングスチェック

インピーダンス

ストリングごとの開放電圧・抵抗値を測定し、ストリング内で、断線・高抵抗化した太陽電池モジュールがあるかの判定を行います。

ドローン検査

プロが飛ばすドローンは一味違う
ドローンに搭載したサーモカメラで太陽電池モジュールを撮影して異常個所を特定します。 上空からの撮影なので、広大な発電所や人が入りにくい場所も短時間で検査が可能。 ドローンが検出した異常個所をその場で瞬時に特定し、対処できるのはソラパトの強みの一つです。 大型の発電所には特におススメです

絶縁抵抗・接地抵抗等の測定

絶縁

絶縁不良または劣化による感電や漏電などの危険性がないか、接地線が確実に接続されているかなどを確認します。

EL検査

el

太陽電池モジュールに強制的に電流を流して発行させ、特殊カメラで撮影し、マイクロクラック、PID現象、インターコネクタ断線など、目視で確認することのできない劣化や不具合を可視化します。

レポート作成

レポート

検査結果を詳細なレポートとして提出します。定期的な点検・測定により、過去の測定データと比較し、劣化の進行具合を判断することが出来ます。

遠隔監視

発電量や売電金額は月毎の明細で確認することはできますが、そこで異常に気づいてからの対応では最大で1ヶ月以上の発電ロスが発生してしまいます。遠隔監視は発電所の異常・トラブルの素早い察知、対応を可能にします。
また、エネテク本社の「ソラパト監視センター」で発電状況などを監視し、異常を素早く察知し対応します。